大正8年開館、源泉直下の秘湯。
湧き出たばかりの新鮮な温泉に入れます。

温泉マニアもうなる宿泊者は半額で小地獄温泉館

【営業時間】 午前9時~午後9時

青雲荘玄関から約5分ほど上に上がったところにあるのが小地獄温泉館です。歴史は古く、享保一四年、(1731年)に湯治場として開かれたことに由来し、かつては吉田松陰も訪れたと言われています。
その後、大正8年に共同浴場として開館し、平成5年に今の形となりました。

小地獄温泉館1
昭和初期の小地獄共同浴場
(雲仙公園事務所蔵)

小地獄温泉館2
昭和初期の小地獄共同浴場内部
(雲仙公園事務所像)

周囲は湯治場としての面影を残し、木造の建物は秘湯気分を醸し出しています。
源泉直下にあるため、湧き出たばかりの新鮮な温泉がそのまま注がれます。
青雲荘本館とはまた違った温泉の雰囲気をお楽しみください。

まだ築20年、建物の黒さは温泉成分が作り出した色

小地獄温泉館の木造の建物を見ると真っ黒なのが目に入ります。これは建物の老朽化によるものではなく、温泉成分の色なのです。

小地獄温泉館
現在の小地獄温泉館

kojigoku3_s
改築オープン時(平成5年)の小地獄温泉館

脱衣所、すぐお風呂

余計な装飾を一切しない、温泉地の共同浴場によくあるタイプです。そのため、脱衣所に入るなりすぐに温泉の湿気を感じることが出来ます。

源泉直下のお風呂、そして秘湯

小地獄温泉館のお湯は源泉から近いため、青雲荘よりもやや熱く感じるかもしれません。しかも、新鮮そのもの。木造の建物の採光とが重なり、温泉マニアもうなる秘湯そのものです。

温泉館内湯

自家所有の自噴源泉を専用
パイプでお風呂に直引き

正真正銘5つの条件

この源泉があってこその
掛け流し 湯量は1日440トン

源泉

硫黄の匂いは正にTHE温泉
乳白色・弱酸性「美肌の湯」

泉質と効能

新緑、万緑、紅葉、雪見
四季折々の表情が楽しめる

露天風呂

高い天井と大きな浴槽で
ゆったり、ゆっくり

内湯

ご家族で、ご友人同士で
源泉掛け流しを独占

貸切風呂

吉田松陰も訪れた
地元の人にも愛される秘湯

小地獄温泉館

お風呂上りの楽しみ方も一杯
あなたの過ごし方は?

湯上り上手