++雲仙温泉随一のにごり湯++
雲仙随一のにごり湯として有名な小地獄温泉は享保一四年、(一七三一年)に湯治場として開かれ、かつては吉田松陰も訪れたことがあると今に伝えられています。周囲にはいまだに当時の面影が残り、そのやわらかな色合いの白いにごり湯は今も豊かに湧き続けています。
【泉質】単純硫黄温泉
【泉温】源泉90℃
浴泉40〜43℃
※温泉温度が高いため、湧き水を加水する場合があります。

【営業時間】9:00〜21:00
【ご入浴料】大 人 400円(税込)
お子様 200円(税込)
++源泉++
小地獄温泉館は、雲仙最大、1日約440tの湯量を誇ります。
温泉館の上方にある源泉から直接湯を引いていますので、循環させない天然温泉をご堪能いただけます。

++小地獄温泉の歴史++
大正8年に開館され、平成5年に現在の形になりました。やさしい木のぬくもりと天然の白いにごり湯が身も心も温めてくれます。
昭和初期の小地獄共同浴場
(雲仙公園事務所蔵)
昭和初期の小地獄共同浴場内部
(雲仙公園事務所蔵)


  [トップ] [総合案内] [露天風呂のご案内] [イベントのご案内] [館内のご案内] [お風呂のご案内] [ご宿泊プラン]
[日帰りプラン] [宿泊宴会プラン] [小地獄温泉館] [近隣の見どころ] [交通アクセス] [空室状況・ご予約] [お問い合わせ]